本文へ移動

血圧脈波検査装置 SphygmoCor XCEL

製品特徴

血圧脈波検査が上腕カフのみで可能になりました
座位での測定が可能で測定時間は約60秒
・測定結果はデーターベース化
・プリントアウトは施設用と患者様向けの2種類を用意
・ペンシル型トノメトリセンサが不要に!

SpygmoCor XCELの血圧脈波検査とは?

SpygmoCor XCELは上腕と大動脈起始部付近の脈波を測定します

大動脈付近の脈波が意味すること

SpygmoCor XCELでは大動脈付近の反射波を解析することで
上行大動脈の硬化度を推定することができます

当装置で得られる指標

文献等

製品情報

クラス分類Ⅱ
血圧・脈波検査装置
製品構成
本体・ソフト・パネルPC・架台・上肢台

品名

TM-2805
SpygmoCor XCEL PWA(動脈波形検査)
TM-2805V
SpygmoCor XCEL PWA+PWV(動脈波形検査+頸動脈ー大動脈 脈波伝搬速度検査)
TM-2805およびTM-2805Vの構成及び付属品
SpygmoCor XCEL ユニット
動作環境仕様
XCELモニタ

オプション品

TOPへ戻る